仕事と出張

仕事の出張を楽しむ方法|チャンスを逃さず行動せよ

皆さん、おつかれさまです。また、出張に行ってきました。

実は・・・職場が移動になり、めちゃくちゃ出張の多い仕事をしています。

「一年の半分は出張」という生活です。

コロナで緊急事態宣言中なのに、仕事には関係ない状態です。

緊急事態宣言中は、新幹線はガラガラで貸し切り状態。

JRや私鉄より安心して乗車が出来ます。

今回は、人生初めての静岡県に伺いました。

新幹線の窓からしか見たことのなかった富士山がよく見える。

なんか、非日常を感じます。朝から富士山を見るだけで、癒されてました。

実は私は、出張が好きなんです。

今まで行った事のない、都道府県や国に行くとワクワクするタイプです。そして、会社に出社しなくてよい。会社勤務がストレスの私には、最高の環境です。

英語は喋れません。勉強しなきゃと、思いながら今にいたります。

そんな私の、出張の楽しみ方を紹介します。

出張好きが語る【出張の良いところ・悪いところ】

個人の性格や生活スタイルで、出張が良いと感じたり、悪いと感じたりするのは事実です。

社内でも、出張が好きな人と嫌いな人で分かれてしまいます。

生活の一部である仕事で、自分の未開拓の地域に行く「不安と期待」は誰にでもあると思います。

私の場合、最初の頃は不安ばかりでした。

しかし、数回の出張を経験すると、不安はうすれ「いかに出張を楽しむか」を考えるようになりました。

出張は、悪い部分も多いですが「現状をいかに楽しむか」というのが大切な考え方です。

悪さばかり見ずに、良いところを探していきましょう。

出張の良いところ

普段行く事のない、都道府県や海外に行ける

私は、旅行をほとんどしません。その為、プライベートで県外に行く事がありません。旅行に行くとしても、隣の県ぐらいです。

出張では、色々な都道府県や国に行けます。

普段行かない所に行くのは、刺激があって面白いです。

仕事なので、行く場所はランダム。自分が行きたいところに、出張するわけではありません。

ダーツの旅のような感じです。どこに行くかは、客先次第。依頼書を見るまで、詳しい住所がわからない。住所を見ても、どんな所かわからない。

行ってから考えるしかありません。「ハラハラ、ドキドキ」します。

出張手当がつく

給料とは別に、出張手当がはいります。無駄使いしなければ、収支はプラスになります。

使いすぎると、すぐに収支はマイナスになりますが・・・。

手当の範囲内で楽しむこと。これなら、出張も楽しめ、家計にダメージがありません。計算して、やりくり上手になりましょう。

断言します。自由に使えるお金があるなら、色々な体験をした方が良いです

「出張手当はうかせて儲けにする」この考え方だと、一生出張が楽しくなりません。

仕事&節約の優先順位が高い場合、会社の拘束時間でしかないのです。

休みや自由時間があれば、観光できる

出張中に休みや、自由時間があれば観光できます。

実際に、出張中の休みや仕事終わりに色々観光してきました。

海外では、中国で兵馬俑・マレーシアでツインタワー・アメリカでアウトレットやトムソーヤの街を観光。

国内では、石川県を一周・白川郷を観光。三重県で、伊勢神宮。お台場でガンダム

などなど。結構、楽しんでます。

毎回ではありません。巡り合ったチャンスに、乗れた時だけです。

観るだけはつまらない。休みは部屋から出ない。って人には、出張は苦痛かもしれません。

仕事にやりがいが出来る

出張の仕事では一つの工事を完成させる事により、クレームの工事でも、お客さんより「ありがとう」と言われて達成感・やりがいを感じます。

怒られる事もありますが・・・。

言葉って不思議です。「ありがとう」の一言で、やりがいを感じてしまう。

私は、変な奴ですかね?

社内で勤務で、終わりなき生産をしているとロボットになった気がします。

社内勤務は、達成感などありません。出来て当たり前。メリハリのない仕事。

お客さんの言葉によって、達成感&やりがいを感じることができました。

ポイントゲット

ホテルに泊まれば、宿泊ポイントが貯まります。

ホテルによっては、ポンタカードなどのポイントが貯まります。

個人的には、ポンタポイントが貯まるルートインを利用することが多いです。

ルートインなどの全国チェーンの強みは、全国どこでも同じホテルがあることです。

宿泊回数が増えれば増えるほど、ポイントがたまります。

出張で貯めたポンタポイントは、ポンパレモールで買い物ができるので、かなりお得です。

普段は買わないものを買ったり、継続的に購入するものを注文しています。

独りの時間が出来る

出張中は、ホテルに帰ると独りの時間ができます。

ほっと、ひと息つける時間です。

この時間を利用して、自己啓発や息抜きができます。

本を読んだり、調べごとをしたり。普段は出来ないことができます。

大浴場付きのホテルなら、ゆっくり疲れを落とせます。癒しの時間です。

ギャンブルが好きなら、時間を気にせずギャンブルできます。

独りの時間の使い方は自由です。自由を手に入れることができるのです。

会社に出社しない為、ストレスがない

出張は、会社に出社するとストレスを感じる方には最適です。

出社しないだけで、すごくhappyです。

社内の人間関係・やりがいの無さから解放されます。

社内とは違ったストレスがかかりますが、日常的なストレスから解放されます。

美味しいものが食べれる

出張先では、ご当地のおいしいグルメを楽しめます。

B級グルメなど、ここでしか食べれない一品に出会えるのです

一度の出張で、一回はご当地グルメを食べたいと考えてます。

ご当地ビールも一回は飲みたいですね。

ただし、値段は高いです。

悪いところ

家族と離れて寂しい

長い出張は、家族との時間がなくなります。

行事や予定に関係なく、出張依頼があります。用事があって無理なときは、断る言う気が必要です。

時差があると、連絡も取れなくなります。

SNSが使えないと、連絡の術がなくなります。国際電話もありますが、毎日使用すると請求額が高額になります。

移動に疲れる

国内出張は、公共交通機関を利用するので、遠距離を移動するのは一日仕事。

腰やお尻が痛くなります。移動だけで、すごく疲労がたまります。

海外出張は、遠いと所だと、24時間を超える移動もあります。

長時間の移動は辛いです。

無駄使いすると赤字になる

出張では日当がでますが、ハメを外すと赤字になります。

外食時にお酒を飲むと、赤字になりやすいです。

計算しながら、お金の使い方にメリハリをつける必要があります。

出張では、お金の管理が大切

ホテルの設備で体調を崩す

ホテルによりますが、ベットや枕が合わないと、体調を崩します。寝不足や腰痛になります。

エアコンなどによる部屋の乾燥で、喉が痛くなることもあります。

タオルを干して寝たり、加湿器が借りれるかフロントに聞いてみましょう。

食生活がみだれる

出張先では、外食やコンビニの弁当が多くなります。

野菜不足や好きなものに偏った食事で、太ります。お酒を飲みすぎる事もあるので、注意が必要です。

意識次第で変えれるのですが、難しい問題です。

栄養についての知識は、ある程度は必要だと感じています。

自分の甘さで、食生活がみだれる

環境の違いに疲れる

普段と違う環境、人、プレッシャーから疲労感がアップします。全てが、順調に進む事が少ないので対応力が必要になります。

仕事が上手くいかず、長時間労働になることもあります。

会社での生産と違い、お客さんに「好きな時間まで、残ってもいいよ」と言われて夜遅くまで、クレーム対応する事もあります。

出張への慣れ、自分で考える力・発言力が必要になる

出張先で楽しく時間を使う方法

時間の楽しみ方(国内)

出張中、一人の時間が多くなります。

時間をどう使うかによって、出張が楽しい人、苦痛の人に分かれると思います。

出張が好きな私の、出張中の行動を紹介します。

近場を観光

初めて訪れた街を、ブラブラ歩いて散策します。

街ごとの観光スポットを検索し、歩きまわります。神社巡り、知らない街を見ながら食べ歩き。景色を楽しむ。

休みの日なら、電車やバスで移動することもあります。

趣味を楽しむ

読書。飲食。筋トレ。お風呂。自己啓発。自分の好きな事を楽しみます。

コロナ前は、居酒屋でお酒を飲むのも好きでした。

最近は大浴場完備(露天風呂)のホテルを予約して、ゆったりするのが好きです。

あとは、早期リタイアに向けてお金の増やし方を勉強中です。

グルメ探索

出張先では、ご当地グルメを一回は食べます。

出張で訪れる地域の「グルメ ランキング」は、必ずチェックします。

今回の静岡県で言えば、「浜松餃子・さわやかのハンバーグ」をいただきました。

写真は、さわやかの「げんこつハンバーグ」

静岡県内に展開しているハンバーグのチェーン店です。

生でも食べれるお肉を使用して作るハンバーグは「うまい」のひとことです。

時間の楽しみ方(海外)

世界のご飯を食す

海外出張では、とりあえず、出張先の国々のご飯を食べましょう。

口に合う、合わないは、食べてから。まずは、本場の味を堪能する。

色々な料理や味付けに出会えます。

とはいえ、好き嫌いは個人差があるので、食べれるものを食べましょう。何も食べないと、体調を崩してしまいます。

観光

海外出張で商社や通訳の人が同行していれば、「近くに観光地がないか」を相談します。

休日があれば、実際に観光地に連れて行ってもらった事もあります。交渉次第ですが、せっかくの海外なので観光も楽しみましょう。

仕事終わりにお客さんが、観光に連れて行ってくれた事もあります。

レンタカーを借りた時は、ナビを頼りにドライブしました。

ホテルを満喫

ホテルに完備されているジムで筋トレ。サウナを利用するなど、ホテルの設備を満喫してみましょう。

私は、この体験から筋トレが趣味になりました。

出張は、見知らぬ地を楽しむ気持ちが大事

出張は、仕事の一部と割り切りましよう。断るのも自由。出張へ行くも自由。

断る「言う気」は大事です。無理なときは断る。

出張へ行くと決めたなら、出張時に、いかに楽しむかを考える。ポジティブ思考です。旅費は会社が出してくれるのだから、楽しもう。美味しいものを、食べましょう。

普通の生活で体験できない事を、体験できる。これは、大きな刺激になります。

会社から出て、客先で仕事をこなせる。国内の移動は、お手の物。色々な経験から、自信がつきます。

言葉の通じない海外で、「このバスに乗れば、空港に着くから」と一人見知らぬ地からバスに乗らされ、ドキドキしながら日本に帰った事もあります。

度胸がつきます。「やれば何とかなる」を、体験しました。

海外での生活や仕事を通して、学ぶことも多くあります。

日本では気づけない文化の違いや、考え方の違いを体感できます。

実際に体験することで、自分の力になり成長できます。

色々な人と出会い、色々な景色を見る。

人生観が変わったり、新たな楽しみができます。

英語が、喋れなくても大丈夫。

少し、惨めで、寂しいと感じるけれど。伝える気持ちがあれば、何とかなった。

身振り、手振りなら、出来るでしょ。

ホントに困った時も、助けてもらいながら、今にいたります。

楽しむ気持ちが大事です。

私は、もっと楽しみたいので、英語の勉強をはじめました。

悲しいぐらい、単語が、わかりません。中学生からやりなおします。

※出張の目的は、仕事です。楽しみ方を紹介しましたが、仕事に支障が出ない行動を取りましょう。出張中に何かあれば、責任は出張者に向けられます。